個人事業主や新会社でも作れる法人ガソリンカードとは?


ガソリンカードの申込はココから⬇

法人ガソリンカードは新会社や個人事業主でもクレジット審査なしで作れます!




個人で事を経営されている個人事業主の方や会社を起業されたばかりの経営者の方にとって事業で車を使われる場合も多いと思います

例えば営業でセールスをして外回りする為にはほとんど場合車が必要でしょうしまた取引先との打ち合わせのために車を使わなければいけない場合などが多々ありますよね、

さらに商品など営業に必要なものを店舗などに運ぶ場合など、例えばもしあなたの会社が運送関係の会社であれば当然複数の車両が必要それなりの燃料費がかかってくるしょう、

となれば会社運営で毎月大量のガソリンや軽油の給油が必要になって来るのは必然のこととなります、

このような経営にかかわる燃料費の管理と効率化は経営者にっとって当然必要な課題となってきますよね、

そんな場合にこの法人ガソリンカードは非常に役に立つというか必須なカードなのです



しかし信販系の法人ガソリンカードは個人事業や起業間もない会社ではクレジットの審査が通りにくく金融機関系が発行する法人ガソリンカードはなかなか作ることが出来ないのが現状です

ところがここで紹介する組合が発行する法人ガソリンカードならクレジット審査なしで作ることが出来るのです

組合が発行する法人ガソリンカードとは?

法人向けのガソリンカードはクレジット機能付きのものとクレジット機能がつていないカードとが存在しますまずはその違いを説明します

クレジット機能付き法人ガソリンカードとは?

文字通りクレジット機能が付いた信販系の会社が発行するガソリンカードです、燃料の給油だけでなく普通のクレジットカード同様に買い物など幅広く利用でき、ポイントサービスもついていますがデメリットとして年会費が掛かることやクレジット審査があること、さらに社員による不正利用が行われるリスクがあります

クレジット機能なしの法人ガソリンカードとは?

クレジット機能なしの給油に特化したガソリンカードです、年会費や発行手数料がかからないので費用が抑えられクレジット審査がないので個人事業主や新会社でも比較的簡単に発行することができます、給油にしか使えないので社員の不正リスクもありません

組合が発行する法人ガソリンカードとはクレジット機能が無い法人用のガソリンカードです、何度も言いますがクレジット機能付き法人ガソリンカードはクレジット審査があるため創業5年以内の新しい会社や個人の会社などでは簡単に作成できないのが現状です、

それに対し今回紹介する協同組合の法人ガソリンカードの大きなメリットは組合独自の審査はありますが組合に出資することによってクレジット審査なしの法人ガソリンカードが作成できる、なので新会社や個人事業主の方から支持を受けている法人用のガソリンカードなのです

協同組合の法人ガソリンカードのメリットとデメリット

メリット

1.クレジット審査がないので個人事業主や新会社でも簡単に作れる

クレジット審査がないということはそれだけ発行までにかかる期間や面倒な書類の提出か簡素化されているので比較的簡単に発行されます、ただクレジット審査はありませんが組合加入の審査は行われますのでまったく審査がないという訳ではありません

2.年会費・カード手数料がずっと無料

カードの発行手数料及び年間の会費や手数料が永年無料で利用できます、組合加入の為1万円の加入料が必要ですが脱退時には返却されます

3.従業員にその都度、現金を渡さなくてよい

給油のたびに従業員に現金を渡すのは効率悪いですしガソリン代を立替させるのも福利厚生上いいことではありません、しかしカードを渡すだけで給油できることは効率的に業務を行うことについては大きなメリットとなります

4.必要枚数、複数枚、申請OK

複数の車両を所有し何人もの社員が利用するなど1枚だけでは足りない場合がありますよね、そんな時は申込時に申請すれば必要な数だけ作れます

5.利用明細で一括管理

個人事業主の方は経営者自ら経理をされている方も多いと思います、現金だと管理上大量のレシートや領収書が発生しますのでそれを整理するのは大変、整理の必要がないうえ利用明細管理が簡単になり業務時間を短縮させることが出来るメリットは大きいです

6.清算は後払い方式

大方の中小企業では経費等の支払の多くを月末に支払うサイクルにされている会社が多いと思います、その意味でも決済方法が口座引き落としの末締め翌月末の「後払い」であるというところは経理の処理もスムーズにで資金管理がしやすいというメリットがあります

デメリット

給油だけにしか使えない

クレジット付帯の法人ガソリンカードと違って燃料にだけしか使えないところが唯一のデメリットでしょう、その他の経費や仕入れの支払などには使用できません、ただし給油をしている指定のガソリンスタンドで販売しているものやオイル交換などのサービス等には使用できます

高速道路の給油所では使えない

法人ガソリンカードの概要

ETC協同組合

  ETC協同組合
年会費 無料
カード手数料 無料

事務手数料

無料

給油価格

毎月末に算出する組合価格(後決め方式)

カードの種類

TRUST&FLEXカード
請求方式 月末〆翌月末口座振替
必要書類(法人)

履歴事項全部証明書(コピー可6カ月以内)

代表者の運転免許証(コピー)

車検証(コピー)

必要書類(個人事業主)

確定申告写し(コピー)

代表者の運転免許証(コピー)

車検証(コピー)

給油場所 全国のアポロステーション・出光&昭和シェルSSのガソリンスタンド
カード発行 出光リテール販売(株)



法人ガソリンカード申し込みの手順

協同組合のwebサイトにある資料請求フォームまずからは組合に加入するための手続きをします、資料が届いたら出資金1万円を入金しますその後添付書類の郵送と

資料請求はコチラから→法人ガソリンカード

           

       

協同組合ってどんな組織

この記事では2つの協同組合を紹介しています、この2つの団体の事業の内容はほぼ同じでどちらからでも同じ手順で同じ内容でガソリンカードやETCカードが発行されます

ETC協同組合

協同組合は中小企業の事業を多角的にアシストし、異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートしている団体で、中小企業のコストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など、経営活動の促進を目指した事業協同組合で、法人ガソリンカードの発行事業以外に法人ETCカードの発行をおこなっています

高速情報協同組合

協同組合は中小企業の事業を多角的にアシストし、異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートしている団体で、中小企業のコストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など、経営活動の促進を目指した事業協同組合で、法人ガソリンカードの発行事業以外に法人ETCカードの発行をおこなっています

よくある質問

質問:給油はどこでできるの?

回答:全国6400か所のアポロステーション・出光&昭和シェルSSのガソリンスタンドで利用可能できます

質問:燃料の価格は?

回答:こ全国一律価格、価格も全国一律とこで給油しても同一価格となります、価格は済産業省資源エネルギー庁の給油所小売価格調査に基づいて後決め方式で決まります

質問:どんな車両にでも使える?

回答:車両限定なしのレンタカーでも使えます、例えば法人ガソリンカードさえ持ってれば従業員さんの車両でも給油することができるのです

質問:ガソリン以外のものにも使えるんですか?

回答:軽油や灯油を給油する場合ももちろん使えます、その他ガソリンスタンドで売っているものやオイル交換や洗車、車検などにも使用できます

質問:ETC協同組合や高速情報組合では法人ガソリンカード以外の事業で個人事業主や新会社にとってメリットのある事業は行っていますか?

回答:法人ガソリンカード以外の事業では法人ETCカードの発行事業や自動車保険事業なども行っています、個人事業主や中小企業に有益な団体です

まとめ

これまでETC協同組合の法人ガソリンカードの紹介をしてきましたが私も事業を経営していた過去がありその時はこの法人ガソリンカードの便利さを知りませんでした、

効率を考えてもいちいち現金で決済する煩わしさがないのは嬉しいですよね、ガソリン価格も一律でどこで給油しても同じ価格というのはわざわざ安いガソリンスタンドを探すて手間も省けます、時々の価格の安さより時間という貴重なものを節約できるというのも隠れたメリットではないでしょうか?

発行コストも手数料や年会費が無料、組合の出資金が1万円ですが脱退時には返金されるので事実上無料ということです

そしてなんといってもクレジット審査がないとゆうのは個人事業者にっとっては最大のメリットですそして信用がまだ低い創業5年以内の会社はクレジット審査が通らないことが多いことを考えたらこのETC協同組合の法人ガソリンカードを使わない手はありません

法人ETCカード クレジット審査なし
法人ガソリンカードは個人事業主でもクレジット審査なしで作れる?
タイトルとURLをコピーしました